老人福祉法

老人福祉の基本法として1963年に老人福祉法が制定された。老人福祉法の目的は、老人福祉の原理を明らかにすること、および高齢者の心身の健康保持と生活安定のために必要な措置を溝ずることによって、高齢者の福祉を図ることにある。
福祉の措置として老人居宅生活支援事業の実施、老人ホームへの入所、老人健康保持事業の実施が定められている。1993年には都道府県と市町村に対して、老人福祉計画の策定を義務付けている。

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX