老人日常生活用具給付等事業

おおむね65歳以上の要援護、独居高齢者等に対し、日常生活用具を給付又は貸与することにより、日常生活の便宜を図る事を目的とする事業。所得に応じて、自己負担が必要となる。
給付されるのは、火災警報器、自動消火器、老人用電話、電磁調理器、特殊寝台、マットレス、エアーパッド、体位変換器、腰掛便座(便器)、特殊尿器、入浴補助用具、歩行支援用具、緊急通報装置、痴呆性老人徘徊感知機器などで、レンタルされるのは、車いす、移動用リフトである。
一部は2000年4月より、介護保険制度に移行されている。
→介護保険

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX