老人クラブ

地域社会において、高齢者の生きがいを高め、その生活を健全で豊かなものとするとともに、社会の一員としての役割を果たし、自らの努力で老人福祉の増進を図ることを目的とする自主的組織。原則として60歳以上の高齢者が、1クラブ当たり約50人以上で結成し、都道府県、市町村単位に連合会が組織されている。社会奉仕活動、教養講座、健康増進事業など、高齢者が気軽に参加できる活動を行なっている。
中央に全国老人クラブ連合会を設け、老人クラブの活動の推進、老人福祉の向上をはかり、 都道府県老人クラブ連合会の連絡調整、老人クラブに対する援助指導等を行なっている。
→生きがい対策

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX