社会福祉士試験問題 第17回-35(地域福祉論)

次の記述のうち、正しいものに○、誤っているものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを1つ選びなさい。
 
A 共同募金の配分は、社会福祉を目的とする事業を経営する者以外には配分できず、かつ配分にあたっては配分委員会の承認を得なければならない。
 
B 居宅介護等事業の経営を目的として社会福祉法人を設立する場合は、最低5,000万円以上の資産を有することが要件となっている。
 
C 民生委員協議会は都道府県知事が市町村長の意見を聞いて定める区域ごとに組織されることになっており、民生委員の職務に関する連絡および調整などを行う。
 
D 国および地方公共団体は、ホームレスの自立支援などの施策の実施にあたって、関係する民間団体との緊密な連携の確保とその能力の積極的な活用が求められている。
 
  [組み合わせ]
  A  B  C  D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ × ○ ○ 
3 ○ × × ○
4 × ○ ○ ○
5 × ○ × ×

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正答-2

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX