社会福祉士試験問題 第17回-11(社会保障論)

社会保障の発達に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを1つ選びなさい。
 
A イギリスの1834年の新救貧法は劣等処遇に原則や院外救済の禁止などを定めたことで知られる。
 
B 1883年にドイツで成立した医療保険法は、ビスマルク(Bismarck,O.)がドイツ帝国に奉仕する公務員を保護するために制定した世界最初の社会保険法である。
 
C ベヴァリッジ(Beveridge,D.)の『社会保険および関連サービス』では、社会保障が機能するための前提として、完全雇用の維持、包括的な保健医療サービス制度の確立、最低賃金制の確立の3つが挙げられている。
 
D 1994年に公表された高齢社会福祉ビジョン懇談会による「21世紀福祉ビジョン」は、社会保障の給付構造について、年金、医療、福祉などの割合をそれまでの5:4:1から5:3:2程度に変えていくべきであると主張した。
 
  [組み合わせ]
  A  B  C  D
1 ○ ○ × × 
2 ○ × ○ ×
3 ○ × × ○
4 × ○ ○ ○
5 × ○ ○ ×

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正答ー3

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX