ビスマルク社会保険

ドイツ帝国初代宰相、ビスマルク(Bismarck,O.(1815年~1898年))が作った社会保険政策。
ビスマルクは、当時勢力を拡大していた社会主義者に対する攻撃を強め、1878年に社会主義者鎮圧法を制定して、労働者の闘いを弾圧する一方で、「疾病保健法」、「災害保険法」、「養老保険法」を制定し、社会保険制度を作った。「アメとムチ」の政策であったが、「社会保険方式」という、今日の社会保障制度に連なる流れが、創出された。

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX