朝日訴訟

岡山県の療養所で療養していた朝日茂氏が1957年、長期入院している患者に対し、生活保護から支給される日用品費月額が600円では低額であり、憲法第25条の「健康で文化的な最低限度の生活」を営むことはできないと、旧厚生大臣(現厚生労働大臣)を相手取って起こした訴訟。
「人間とは何か」、「憲法第25条の理念は何か」が裁判の争点となったため、「人間裁判」とも言われる。
朝日氏は1964年に死亡し、最高裁の判決までには至らなかったが、生活保護行政の改革の契機となった。
→生活保護基準

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX