委任事務

法律とこれにもとづく政令の規定により、地方公共団体(地方自治体)、またはその機関に委任された事務。団体委任事務(地方公共団体に委任された事務)と、機関委任事務(都道府県知事や市町村長、その他の機関に委任されり事務)があり、機関委任事務の方が国の監督権が強い。
2000年4月の地方分権一括法の施行にともない、地方公共団体の自主性、独自性が強化されつつあり、機関委任事務は廃止され法定受託事務、団体委任事務は自治事務となった。
←→固有事務 →地方分権特殊制度、自治事務、法廷受託事務

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX