一部負担金

社会保険からサービス受けた際、利用者がその一部を負担する金銭のこと。
一部負担金は定率で、健康保険と共済組合の場合、被保険者(組合員)と被扶養者共に3割(入院は共に2割)、国民健康保険の場合、一般の被保険者は3割、退職被保険者は2割(被扶養者は外来3割、入院2割)となっている。介護保険の場合は、サービス利用料の基本料金の1割である。老人保険制度の場合、定率1割負担(現役世代の平均的収入を超える所得があれば定率2割負担)である。
→老人保険制度、介護保険の自己負担

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX