遺族補償給付

労働者災害補償保険(労災保険)法に基づき、業務上の災害が原因で死亡した労働者の遺族に支給される遺族給付で、遺族補償年金と遺族補償一時金の二種類がある。
受給資格者は、労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持されていた者(配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹)であるが、実際の受給者は最優順位の者に限られる。

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX