劣等処遇の原則

福祉サービス利用者の生活レベルは自活勤労者の平均的生活水準よりも絶対的に以下でなくてはならない、とする救貧事業上の原則。イギリスで1934年に新救貧法において制定された。
現在は、ワークハウス・テスト原則(非人間的なワークハウスによる救済以外は認めないとするもの)とあいまって、救済を否定するものであったと言われている。
→ワークハウス、エリザベス救済法

資格取得.net

介護福祉士 求人

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手

 
FX